山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

セーリング
男子420級、FJ級で入賞
2017年8月17日(木)掲載
全国高校総体(インターハイ)第20日は16日、和歌山セーリングセンター沖でセーリングが行われ、山口県勢は光が男子420級で尾道佳諭・三浦匠組が4位、FJ級で小泉凱皇・河村諒組が5位に入り2種目で入賞した。

420級は3日目の第6レースを終えた時点で光がトップで、霞ケ浦(茨城)、慶応義塾(神奈川)が追う展開だった。16日の最終レースで光が12着に沈み、霞ケ浦や中村学園三陽(福岡)、西南学院(同)に総合順位で逆転を許した。

県勢はこの他、男子の聖光が420級で23位、同FJ級で13位。女子FJ級で初めて全国総体に出場した大島商船は17位で4日間の日程を終えた。

■男子・420級 最終レースで逆転許す
2年前に優勝、昨年は2位と好成績を収めている420級の光。昨年2位の立役者、三浦匠が尾道佳諭と組んで王者奪還に臨んだが、最終レースで逆転を許しリベンジを果たせなかった。

光は今大会、第1レースをトップで幸先良くスタート。その後は大崩れせずに上位に付いた。第6レースを終えて総合トップ、ポイント差なしで霞ケ浦(茨城)、1点差で慶応義塾(神奈川)が追う展開で最終第7レースを迎えた。

最終レース前、お互い攻めて行こうと話していたがスタートで出遅れる。「思っていたコースが取れなかった」(尾道)とライバルたちに先行された。12着に沈み、総合順位4位で大会を終えた。

コンビを組んで1年たっていないが「思ったことを理解して、考えて自分に伝えてくれる。頼りになる」(尾道)、「同級生で接しやすい。なんでも言いあえる」(三浦)と互いに信頼を寄せる。次の舞台は国体。悔しさを胸に国体連覇と今大会のリベンジに挑む。

■男子・FJ級 勝負どころで決められず
昨年11位だった男子FJ級の光。今年は小泉凱皇(3年)と河村諒(2年)のコンビが挑み、5位で全日程を終えた。小泉は「優勝を目指したが勝負に行かないといけないところで行けなかった」と悔しがった。

第4レースは進路妨害の失格を犯すが、他はほぼ一桁順位でまとめた。昨年秋からコンビを組む二人。小泉は「言わなくても自分の乗りやすいようにしてくれる」と後輩を信頼する。

小泉にとって、次戦12月の世界大会は高校で河村と組む最後のレース。「気持ちを強く、びびらず戦う」と心を鍛えて次戦に臨む。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)2008 Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp