山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

競 泳
競泳女子200メートル自由形で決勝に進んだ長府の高宮玲音=セントラルスポーツ宮城G21プール
競泳・女子200自 高宮(長府)が自己新7位入賞
2017年8月19日(土)掲載
全国高校総体(インターハイ)第22日は18日、宮城県利府町のセントラルスポーツ宮城G21プールなどで行われ、山口県勢は競泳女子200メートル自由形決勝で高宮玲音(長府)が2分2秒56で7位入賞した。

「ベスト出せてうれしい」
大舞台で自分の今持てる力を出し切った。春先から好調で記録を伸ばしている競泳女子200メートル自由形の高宮玲音(長府)は、自己新記録の2分2秒56で7位入賞。「全国で決勝に乗れて、そこでベストが出せてうれしい」と笑顔を浮かべた。

予選は全体7位の2分3秒13で通過した。決勝のスタートは第1レーン。「端っこで回りが見えないので、その分自分のレースができる」と集中していた。

前半100メートルは「いつも通り」という1分0秒20で折り返す。「前半は楽に入れたので、後半は上げれるだけ上げた。ラストの50メートルは根性かな」と、苦しくなりながらも最後まで記録更新を狙って懸命に腕をかいた。

昨年の全国総体は決勝に残れず16位。高校入学後は記録が伸び悩む中、周囲の仲間やライバルたちは順調に記録を伸ばしていった。「自分だけここで終わりたくなかった。全国に行くのもギリギリだったので、決勝に戻って戦えるようになりたい」。

周囲の活躍に刺激される形でコーチを変える決断もした。「レース展開を今まであんまり考えていなかったので、レースを想定した練習ができたのが大きい」と春先からの記録更新の理由を明かす。

19日は100メートル自由形に出場する。「100メートルでも決勝を目指して自己新記録を出したい」と意気込んだ。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)2008 Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp