山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

レッサーパンダ、「輝」と「耀」に名前決定 秋吉台サファリ
2017年9月5日(火)掲載
名前が決まったレッサーパンダの「耀」(左)と「輝」=4日、美祢市
美祢市美東町赤の秋吉台サファリランドで生まれたレッサーパンダの赤ちゃん2匹の名前が「輝(ひかる)」と「耀(よう)」に決まった。

雌の風香(6歳)と雄の優希(4歳)の間に、7月14日に生まれた双子。いずれも雄で人工保育されている。誕生時に約90グラムだった体重が約750グラムになるなど順調に成長。白っぽかった毛は黒や茶など徐々に大人のレッサーパンダと同じような色に近づいている。

名前はスタッフが6通りの候補を挙げ、8月11〜20日に来園者が投票。527票のうち最も得票数の多かった輝と耀になった。「人気者になって輝くような存在になってほしい」という思いが込められているという。同サファリランドは「この時期の赤ちゃんが見られるのは人工保育ならでは。それぞれの成長を見守っていただければ」という。

30日まで午前10時〜午後1時15分に一般公開している。以降の公開時間は2匹の成長に合わせて検討する。問い合わせは同サファリランド(電話08396・2・1000)へ。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp