山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

25m泳ぐ姿、見ててね 下松・東陽小で水泳参観日
2017年9月7日(木)掲載
保護者が見守る中、25メートル完泳を目指す児童たち=6日、下松市
下松市東陽の東陽小学校(岡邦敏校長、199人)で6日、水泳の授業参観があり、保護者ら約150人が見守る中、全校児童が25メートル完泳を目指した。

児童たちは、夏休みの間、同校が開く水泳教室に参加してクロールの練習を積むなどしてきた。同校は、練習成果の発表の場として、毎年この時期に水泳の授業参観を行っている。

プールに入った児童たちはバタ足や息継ぎの仕方を確認した後、記録会に臨んだ。レースが始まると、プールサイドの保護者たちは「頑張れ」と声援を送り、懸命に泳ぐわが子の姿をカメラに収めていた。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp