山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

北ミサイル発射に対応 山口県がスマホで紹介
2017年9月8日(金)掲載
弾道ミサイル落下時に身を守るための行動を説明する県のスマートフォン対応サイト
北朝鮮情勢の緊迫化を踏まえ、山口県は7日、弾道ミサイルが落下した場合に身を守るための行動を分かりやすく紹介するスマートフォン対応サイトを開設した。

全国瞬時警報システム(Jアラート)が作動した場合に取るべき行動をイラストを使って説明。屋外にいて近くに建物がないときは物陰に身を隠すか地面に伏せて頭部を守るなど、場面ごとに掲載している。Jアラートのサイレンを試聴することもできる。

スマートフォンやパソコンで県ホームページ(HP)のトップページにある「お知らせ」コーナーから閲覧できる。新聞広告などにQRコードを掲載して広報するという。

県防災危機管理課は「Jアラートが作動したときにどう行動すべきかを理解し、すぐに実行できるよう、イメージしておいてほしい」と呼び掛けている。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp