山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

運動会や行楽、より充実 豊田で「デコ巻き」チャレンジ−下関
2017年9月9日(土)掲載
「デコ巻き」作りで下手知子さん(左から2人目)の指導を受ける参加者=8日、豊田町
具材や巻き方を工夫して断面に図柄を描く巻きずし「デコ巻き」を作る教室が8日、下関市豊田町殿敷の豊田総合支所調理室であり、地域住民15人が参加した。同町の西市公民館主催。

美祢市の日本デコずし協会マイスターの下手知子さん(44)が講師となり、ウサギとてるてる坊主の図柄を指導。ソーセージやかにかま、かんぴょうなどの素材で口や鼻などそれぞれのパーツを作り、それらを組み立てて巻いて仕上げた。参加者は組み立てる際のバランスに苦戦しながらも下手さんのアドバイスを受けて取り組み、うまく図柄が出来上がると満足した様子だった。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp