山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

ゆーぱーく光、来館50万人達成−光
2017年9月10日(日)掲載
来館50万人目となった田村心乃さん(前列左)と節目を祝う関係者=9日、光市
光市三井の三島温泉健康交流施設「ゆーぱーく光」の来館者が9日、オープンから約4年11カ月で50万人に達した。節目の来館者となった山大付属光小学校1年の田村心乃さん(7)=光市光井=に認定証と新米10キロなどの記念品が贈られた。

記念セレモニーがあり、市川熙市長や田村さんらがくす玉を割って祝った。田村さんは父親の勇一さん(47)、母親の美恵子さん(42)、弟の旬悠ちゃん(3)と来館。月に10回ほど訪れ、家族風呂をよく利用するという。勇一さんは「ゆっくり過ごせる場所で気に入っている」と話した。

ゆーぱーく光は2012年10月開館の市の施設。鹿児島県のフィットネスクラブ運営会社「セイカスポーツセンター」が指定管理者となり運営している。施設には大浴場や家族風呂、サウナ、多目的室、リラックスコーナーなどがある。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp