山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

山東省の文化芸術に触れて 県と友好35周年
2017年9月13日(水)掲載
中国・山東省の文化・芸術を紹介する「山東文化の日」=12日、山口市
中国・山東省の文化・芸術を紹介する「山東文化の日」の開幕式が12日、山口市中央の市民会館であった。13日まで。

県と同省の友好協定締結35周年を記念して同省が主催。同省の夏耕人民代表大会副主任や村岡嗣政知事らがテープカットをして開幕を祝った。

同省の伝統行事や工芸、食文化などの写真約50点を展示。同省商河一帯に伝わる花鞭太鼓踊りを踊る子どもたちの姿や漢族の雨乞いの踊り「陰陽踊り」などを紹介している。精密な切り絵や墨で文字を写し取る拓本、影絵芝居などの実演もあった。

夏副主任は「中国文化の深い歴史を伝え、中日友好を受け継いでもらいたい。今後も青少年を含めた人的交流を進めたい」と話した。

13日は展示のみ。時間は午前9時から午後5時まで。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp