山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

企業秘書に手土産PR 東京で品評会、県内からも出品
2017年9月14日(木)掲載
藤フーズとマーゼルコーポレーションがスープスムージーを出品した手土産品評会=12日、東京都港区
飲食店情報サイト運営のぐるなびが主催する手土産品評会が12日、東京都港区の品川フロントビルであり、企業などの現役秘書約100人が飲食店や手土産事業者が出品した30品を品評した。

山口県からは下関市の藤フーズとマーゼルコーポレーションが、共同開発した34種類の野菜が入ったスープスムージー4種9個入りギフトセットを出品。手土産を意識して手提げ袋も用意した。

藤フーズの笹本慎二さんは「常温で保存でき手土産にも最適だと思う。秘書の方々から口コミで広がれば」と期待。マーゼルコーポレーションの辻博史社長は「個人的に買いたいという声をもらったが、9個入りだと手土産には重たいなどさまざまな意見もあった」と話した。

美と健康の総合コンサルティング事業を展開するダイアナの石部縁さんは試食し、「口触りが良く好き嫌いが少ないのではないか。万人受けしそうで贈り物に向いている」と感想を話した。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp