山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

次期衆院選 高村正大氏の公認を自民党本部に推薦
2017年9月28日(木)掲載
自民党県連は27日の選挙対策委員会で、次期衆院選山口1区について、今期限りで引退する高村正彦氏(75)の長男で秘書の正大氏(46)を候補として擁立することを決め、党本部に公認を推薦した。

高村氏が後継に正大氏を希望し、正大氏は26日に県連に公認を申請していた。

党本部に判断を委ねていた山口3区は、党本部が現職の河村建夫氏(74)の公認を内定したことを受け、その方針を確認した。

山口1区はほかに、民進党新人の大内一也氏(43)、共産党新人の五島博氏(61)、幸福実現党新人の河井美和子氏(55)が立候補を予定している。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp