山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

山口・良城小で「教員目指す学生の学校体験制度」公開
2017年9月29日(金)掲載
小学生と一緒に体育大会の練習に参加する学生=28日、山口市
山口県教育委員会は教員志望の学生が学校現場を体験する制度の様子を28日、山口市吉敷佐畑の良城小学校で公開した。

「教員をめざす学生の学校体験制度」は教員志望の学生に教職への意欲を高めてもらおうと、2011年度から大学1、2年と短大1年の学生らを対象に実施。本年度は学生322人が8月31日から10月7日にかけて1人5日程度、小、中学校や高校など計85校で学習指導の補助などをする。

良城小では山口大と広島大の学生9人が9月25日から5日間、体験活動に参加。学生たちは30日に開かれる体育大会の練習の補助をしたり、国語の授業で児童に音読の仕方をアドバイスしたりしていた。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp