山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

佐賀の陶芸家・松尾さん夫妻作品展 宇部のGALAXYふくながで
2017年9月30日(土)掲載
食卓を彩る器などを紹介する松尾貞一郎さん(左)と三希子さん=29日、宇部市
佐賀県武雄市の陶芸家、松尾貞一郎さん(58)と三希子さん(48)夫妻による作品展が29日、宇部市新天町のGALAXYふくながで始まった。10月8日まで。

有田焼の伝統的な技法をベースとしながら、しのぎ、絵付けなどでさまざまな技法を取り入れて作品を生み出す2人。魚を描いた板皿、水墨画のような絵が入ったしのぎマグカップ、花唐草模様の鉢、犬をモチーフにした香炉など食卓や周辺を彩る約150点を展示している。
 
貞一郎さんは「使いやすい器を中心に色絵や染め付けなどの作品を並べている。自由な発想でどんどん使って楽しんでもらいたい」と話している。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp