山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

県高校ロボット「GANKO錦」優勝 岩国工勢8年連続 
2017年10月1日(日)掲載
操縦型ロボットでパイプにペットボトルを確実に取り付け、優勝した岩国工業高校の「GANKO錦」=30日、周南市
山口県内の工業系の高校の生徒たちが手作りのロボットで得点を競う「県高校ロボット競技大会」(県工業教育研究会主催、山口新聞社共催)が30日、周南市温田の南陽工業高校で開かれ、岩国工業高校の「GANKO錦」が10校20チームの頂点に立った。岩国工勢の優勝は8年連続。

GANKO錦や田布施農工高校「TAT」など上位5チームは10月21、22の両日、秋田市の秋田県立武道館で開かれる全国高校ロボット競技大会に出場する。

今大会は全国大会開催地の秋田県が誇る東北三大祭りの一つ「秋田竿燈(かんとう)まつり」をイメージし、2台のロボットでペットボトルを回収し、パイプに取り付けた数などに応じて得点が加算される競技。各チームの生徒は工夫を凝らしたロボットで難コースに挑んだ。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp