山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

カッターで青海島一周 大津緑洋高水産校舎1年が訓練総仕上げ
2017年10月1日(日)掲載
カッターに乗り込んでオールをこぐ大津緑洋高校の生徒たち=30日、長門市
長門市仙崎の大津緑洋高校水産校舎(中村彰利校長)の海洋技術科1年生22人が30日、手こぎの船のカッターを使って近くの青海島を一周する訓練に臨んだ。

同科1年生は4月から毎週金曜日にカッター訓練を実施。青海島一周は訓練の総仕上げでことしが15回目となる。

同校前で開かれた出発式で中村校長は「大変長い距離に挑戦するが、最後まで真剣に一生懸命取り組んでほしい」とあいさつ。同科1年を代表して鈴木一颯さん(15)が「天候も良く絶好のカッター日和。みんなで協力して青海島一周できるように頑張りたい」と決意を述べた。

生徒らは近くの白潟漁港まで走って移動し、カッター2隻に乗り込んだ。快晴の下、「海上アルプス」と称される奇岩や怪岩などの横を通過する約28キロのコースで息を合わせながらオールをこいでいた。 
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp