山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

潮風感じ、疾走 柳井地域、サザンセト・ロングライド
2017年10月2日(月)掲載
新鮮な魚介類を買い求める人たち=1日、長門市
柳井地域1市4町の瀬戸内海沿いを自転車で走る「2017サザンセト・ロングライドinやまぐち」が1日、柳井市新庄の柳井ウェルネスパークをスタート・ゴールに開かれた。全国各地から参加した1355人が瀬戸内の潮風を感じながら疾走した。

柳井市と田布施、平生、上関、周防大島の4町、柳井商工会議所などでつくる実行委員会(藤麻功会長)の主催で4回目。152キロのロングライドコースに1183人、70キロのショートコースに172人が参加。ロングライドコースには、脚力に自信のある人向けとゆっくり楽しみたい人向けのカテゴリーを設けた。参加者のうち、約半数が県外からのエントリーだった。

村岡嗣政知事も参加し、スタート前に「山口県はサイクリングで盛り上げていく運動をしており、サザンセトは要となるイベント。瀬戸内の景観を楽しんで走ってほしい」と呼び掛けた。

参加者は午前6時15分から順々にスタート。沿道からの声援に手を振って応えながらさっそうと走り抜けていった。給水場所のエイドステーションでは、みかん鍋や茶がゆ、つみれ汁など地元の郷土料理が振る舞われた。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp