山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

卵抱くシロヘビ 縁起がいいね−岩国
2017年10月2日(月)掲載
卵を抱くシロヘビ=岩国市
岩国市横山の「岩国シロヘビの館」で、シロヘビが卵を抱く姿が見られる。開運をもたらすとされるシロヘビの珍しい光景は「縁起が良い」と訪れた人たちに好評だ。

先月23日朝、巣穴に産んだ卵10個を抱いている雌のシロヘビを職員が見つけた。親のヘビが離れても卵が山積み状態を維持するようになると抱くのをやめる。ふ化するのは約2カ月後という。

同館には観覧用の雄1匹と雌6匹、子どものヘビ1匹が展示、飼育されている。昨年も卵を産んだが、抱いていたのは3日程度だった。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp