山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

大津緑洋高同窓会関西支部が初総会
2017年10月2日(月)掲載
大津緑洋高同窓会関西支部の総会であいさつする三輪史朗支部長=1日、大阪市
大津緑洋高同窓会の関西支部は1日、初めての総会を大阪市の大阪新阪急ホテルで開いた。再編統合前の大津、水産、日置農業の各高校を卒業した関西地区在住者のほか、来賓として辻野史朗同窓会長や中村彰利校長、磯部剛東京同窓会長ら計約80人が出席した。

総会は三輪史朗前大津高同窓会関西支部長が議長を務め、三輪氏を新支部長とする役員体制案、合併前の各同窓会の決算報告、新同窓会の会則案、本年度の予算案を承認した。

三輪新支部長は「紆余(うよ)曲折を経て発足した。今後とも会の維持、発展のため声掛けをお願いしたい」とあいさつ。辻野会長は「関西支部の統合で交流の輪が拡大しうれしく思う」と祝辞を述べた。中村校長は学校の近況を報告するとともに、母校への支援を呼び掛けた。

懇親会もあり、地元の話や近況報告など和やかな雰囲気で進んだ。福引抽選会やマジックショーで盛り上がり、各校の校歌を斉唱して締めくくった。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp