山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

フラワーアレンジ、假屋崎さんが親子に指南−周南
2017年10月5日(木)掲載
「山口ゆめ花博 花育ワークショップ」で参加者を指導する華道家の假屋崎省吾さん=4日、周南市
華道家の假屋崎省吾さんを講師に招いたフラワーアレンジメント教室が4日、周南市戸田の道の駅「ソレーネ周南」であり、未就学の幼児と保護者が参加した。

来年秋に開催される第35回全国都市緑化やまぐちフェア(山口ゆめ花博)の事前プログラム「山口ゆめ花博 花育ワークショップ」として同フェア実行委員会が主催。家庭で手軽に親子で花を楽しんでもらおうと、ピンクのカーネーションでテディベアのフラワーアレンジメントを作った。

假屋崎さんは「花はあらかじめ決められた長さに切っておいて」「花と花の間隔を空けないように挿して顔をつくって」などとアドバイス。親子が力を合わせた作品が出来上がると、参加者そろって記念撮影した。

山口ゆめ花博は2018年9月14日から11月4日まで、山口きらら博記念公園を会場に開催される。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp