山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

衆院選山口序盤情勢、全区で自民候補優位
2017年10月13日(金)掲載
衆院選は22日の投開票に向け、各立候補者が舌戦を繰り広げている。山口県内は序盤から四つの小選挙区すべてで、自民党候補が組織力を生かし優位に戦いを進めている。

■1区 新人・高村氏がリード
自民新人の高村正大氏(46)が過去12回当選した自民党副総裁の父、正彦氏(75)の強固な地盤を継承し一歩リード。希望新人の大内一也氏(44)、共産新人の五島博氏(61)、幸福実現新人の河井美和子氏(55)が反政権票を取り合う。

高村氏は公示前、支持者へのあいさつ回りに奔走。公示後は県議や市議らが連日選挙カーに乗り、父の支援者を中心とした盤石な組織力が初出馬の選挙戦を後押ししている。「アベノミクスを続け、景気回復の実感を届けさせて」などと支持を呼び掛ける。

大内氏は、無党派層や安倍政権への批判票の取り込みを狙う。保守王国の地盤を崩そうと選挙区内を積極的に回り、支持を訴える。陣営関係者によると、有権者の希望の党への反応は良好で、高村氏の世襲反対の声も多く寄せられるなど期待感が膨らむという。

五島氏は公示後、連日10カ所以上で街頭演説を重ね、森友・加計学園問題などを取り上げて安倍政権を批判。消費税増税や憲法改正に反対する姿勢を強調し、「安倍政権を退陣に追い込んでいく」と声をからす。比例票の掘り起こしにも重点を置く。

河井氏は、自民党候補の代替わりをチャンスと捉え、精力的に街宣している。緊迫化する北朝鮮情勢を引き合いに国防軍の整備や、消費税減税、道徳教育の充実などを掲げて「国や子どもたちの未来を守る」と主張する。

■2区 岸氏、固い保持層支持
自民前職の岸信夫氏(58)と共産新人の松田一志氏(60)による一騎打ちの選挙戦だが、盛り上がりに欠けている。3回連続当選を目指す岸氏が保守層の固い支持を得て優勢。前回の衆院選で民主元職が獲得した5万7千票余の行方が注目されている。

岸氏選対の吉永隆史事務局長は「2区全域を一巡したが有権者の関心は薄いようだ」と、選挙を盛り上げるムードづくりに懸命。個人演説会を6カ所で開催する予定で、政権選択選挙と訴え投票を呼び掛ける。

松田氏選対の米重政彦本部長は「従来の支持層のほか、反原発派などが今回は共産党を支持するとの声が多い」と、前回の共産新人得票の倍増を見込む。市部で個人演説会を開き票の掘り起こしに躍起。

■3区 河村氏、組織力生かす
自民前職の河村建夫氏(74)が組織力を生かして幅広い支持を集め、立憲民主新人の坂本史子氏(62)が追う展開になっている。

河村氏は党公認候補の応援で全国を飛び回り、選挙期間中に地元で活動できるのはわずか3日間のみ。得票数10万票を目標に掲げ、長男で政策秘書の建一さんらが支持を呼び掛ける。陣営関係者は「本人が地元に滞在する期間は限られるが、立派な成績で10選を」と意気込む。

坂本氏は立憲民主公認が決まってから共産が小選挙区での公認候補を取り下げたため、事実上の野党共闘で選挙戦に臨んでいる。選挙区内をくまなく回って「志を同じくする市民、政党の皆さんと戦う」と支持を訴える。陣営関係者も「市民が集結した力は大きい」と強調する。

■4区 安倍氏、支持層幅広く
自民前職で首相の安倍晋三氏(63)が保守層を中心に幅広い世代から支持を集め、希望新人の藤田時雄氏(63)、共産新人の西岡広伸氏(54)、無所属新人の黒川敦彦氏(39)と郡昭浩氏(56)を大きくリードする。

安倍氏陣営は2014年の前回と同様に本人不在の選挙戦だが、昭恵夫人が選挙区内を精力的に走り回る。12日夜から著名人らを招いた個人演説会を始め、安倍氏の実績などを強調。後援会組織は無党派層への支持拡大を進める。

民進から希望入りした藤田氏は下関市内を中心に街宣。消費税増税の凍結などを訴え、安倍政権の批判票と無党派層の掘り起こしに力を注ぐ。「反政権への声が多く、手応えがある」と話し、知名度向上と支持拡大を図る。

西岡氏は街頭演説を中心に政権批判や消費増税の中止、憲法9条の改正反対などを訴える。「市民と野党の共闘」を掲げ共産党支持層以外への浸透も図る。「街頭の反応は良いが、最後まで気を緩めず戦う」と引き締める。

黒川氏は森友・加計学園問題の真相究明と消費税撤廃を掲げ全域で遊説し、支持拡大をアピール。県内外のボランティアの支援を受けた選挙戦で、「有権者から安倍さん以外の受け皿を求めている期待感を感じる」と話す。

郡氏は「地道に選挙活動に臨みたい」と意気込み、選挙区を公共交通機関で回っている。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp