山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

車上荒らしなど注意を 下関・菊川中生が呼び掛け
2017年10月13日(金)掲載
運転手に車上荒らしへの注意を呼び掛ける生徒たち=12日、下関市
下関市菊川町下岡枝の菊川中学校の生徒有志23人が12日、少年相談員や防犯連絡所指導員らの協力で防犯広報活動を行い、車上荒らしへの注意などを呼び掛けた。

同町の「道の駅きくがわ」や丸喜菊川店の駐車場で、運転手に対して車上荒らしの危険性や手口などを紹介。生徒らは、積極的に車に駆け寄り、熱心に注意を訴えていた。

併せて、長府署員の指導で同町内の一般住宅や公園の防犯診断を行った。一般住宅の診断では、「窓ガラスが防犯仕様になっているか」「玄関灯や門柱灯がついているか」などを点検。踏むと音が出やすいガラス質の「防犯砂利」の有用性などを学んだ。

同署によると、今年1月から9月末までに、車上荒らしによる窃盗事件は管内で16件発生。うち4件が菊川町内で発生している。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp