山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

山口ゆめ花博、山口で参加募集開始イベント
2017年11月4日(土)掲載
山口ゆめ花博に関する○×クイズなどで機運を高めた参加募集キックオフイベント=3日、山口市
来年秋に山口市で開かれる全国都市緑化やまぐちフェア(愛称・山口ゆめ花博)のステージイベントなどの参加募集が今月始まり、キックオフイベントが3日、同市小郡下郷のJR新山口駅・南北自由通路であった。

同フェアの実行委員会(事務局・県山口ゆめ花博推進室)が機運を高めようと企画した。防府市出身のシンガー・ソングライター、水本諭さんが応援ソングの「花あそび」などを披露。同フェアの沢田裕二プロデューサーがフェアの特色を紹介した後、関連の○×クイズが行われ、通行人らが参加した。

同フェアの参加申し込みセレモニーもあり、3団体の代表者らが第1号として申込書を県PR本部長でフェアサポートキャラクターの「ちょるる」に提出。ちょるるから記念グッズを受け取った。

申込書を提出した周南市の会社員の男性(57)は、ランプの明かりによるシルエットアートのコンテストなどを企画案に応募したといい、「山口ゆめ花博にいろいろな形で皆とコラボレーションできたらいい」と話していた。

実行委事務局によると、同フェアの参加種別は「イベント参加」「出展参加」「営業参加」など5区分あり、フェア公式ホームページから申込書を入手できる。担当者は「ゆめの未来公園を県民の皆さんと一緒につくっていきたい。気軽に申し込んでもらえれば」と話す。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp