山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

市内交通規制「協力を」 下関海響マラソン、あす号砲
2017年11月4日(土)掲載
下関海響マラソン2017(実行委員会主催、山口新聞社など共催)が開かれる5日、コースとなる下関市内の国道や県道、市道、港湾道路で交通規制が敷かれる。実行委は規制区間やランナー通過予定時間などを記したチラシを市内全戸に配布し、沿道に看板を設置するなどして市民らに協力を呼び掛けている。交通規制に伴い、バスの路線も変更になる。詳細情報は大会ホームページでも紹介。問い合わせは実行委事務局(電話083・231・2729)へ。


■主な交通規制■
下関海響マラソンで交通規制になる区間
 (1)スタート・ゴール(海峡メッセ下関周辺)午前6時〜午後3時半に全面通行止め(スタート後一部順次解除)
 (2)国道9号(細江交差点―唐戸交差点)午前8時15分〜9時半に南側車線通行止め、北側車線対面通行
 (3)国道9号(唐戸交差点―関門医療センター前交差点)午前8時10分〜10時45分に全面通行止め(午前9時半から一部順次解除)
 (4)港湾道路(唐戸交差点―下関港国際ターミナル)午前8時〜午後3時に全面通行止め(唐戸交差点―海峡メッセ下関周辺は一部順次解除)
 (5)港湾道路・市道(下関港国際ターミナル―大和町交差点)午前8時半〜午後3時に全面通行止め(山口新聞社前は片側順行通行)
 (6)県道南風泊港線(大和町交差点―緑町交差点)午前8時45分〜午後2時45分に下関方面全面通行止め、彦島方面1車線順行通行
 (7)県道福浦港金比羅線(緑町交差点―金比羅交差点)午前8時45分〜午後2時半に全面通行止め
 (8)国道191号(金比羅交差点―汐入交差点)午前9時15分〜午後2時に東側車線対面通行、西側車線通行止め
 (9)下関北バイパス(汐入交差点―垢田出入口)午前9時15分〜午後2時に全面通行止め
 (10)市道武久新垢田西線(武久交差点―長州出島前)午前9時15分〜午後1時45分に海側全面通行止め、住宅側2車線順行通行


■応援大使10人が記念大会を盛り上げ
第10回記念デザインのTシャツやトートバッグなど、さまざまなグッズが用意されている=下関市
下関海響マラソンは今年、第10回記念大会。実行委は、節目の大会に多くの取り組みを用意している。

会場内外から盛り上げてもらおうと、第10回記念応援大使として、アトランタ五輪やシドニー五輪に女子陸上5千メートル日本代表として出場した市川良子さん、初代タイガーマスクの佐山聡さん、ものまねアスリート芸人のM高史さん、お笑いタレントの波田陽区さん、「山口県住みます芸人」のどさけんさんと山口ふく太郎さん、ふく子さんの計7人を任命。マラソンの各部門への出場や応援を通して大会を盛り上げてもらう。

参加賞として、マラソン出場者全員に第10回大会記念デザインのTシャツを事前配布。ランナーの完走後には、例年配布しているフィニッシャーズタオルと完走メダルに加え、完走証入れとトートバッグもプレゼントする。メイン会場や給水所などでは「10th anniversary」のロゴが入った帽子などを身に着けたボランティアがランナーを出迎える。

大会当日、メイン会場の海峡ゆめ広場(豊前田町)には、市民らに募った応援メッセージを掲載する10回記念メッセージボードを設置し、ランナーを励ます。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp