山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

しものせき維新まつり始まる きょうまで
2017年11月4日(土)掲載
ステージでは奇兵隊の足跡をたどるミュージカルなどが披露された=3日、下関市
「しものせき維新まつり」が3日、下関市豊前田町の海峡ゆめ広場で始まった。4日まで。地元有志らでつくる実行委員会(伊藤寿真男実行委員長)主催。

ステージでは奇兵隊の足跡をたどるミュージカルや、門司港(北九州市)の名物、バナナのたたき売りなどが繰り広げられた。特設の維新海峡屋台村では瓦模様のテント11張りが並び、出店者がアンコウの唐揚げや長州どりの串焼きなど地元の名産品を使った料理などを販売。来場者がお気に入りの一品を買い求めていた。

明治維新に関連するイベントなどで県内外から歴史ファンらを下関に呼び込もうと2015年に始まり3回目。今年は5日の下関海響マラソン2017とのコラボ企画として実施した。

伊藤実行委員長は「来年の維新150周年を前に、県内外の多くの人に下関の元気を知ってもらい、
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp