山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

下関海響マラソン 1万2929人きょう号砲
2017年11月5日(日)掲載
トークショーでマラソン談議に花を咲かせるゲストランナーたち=4日、下関市
第10回記念大会下関海響マラソン2017(実行委員会主催、山口新聞社など共催)は5日、下関市豊前田町の海峡メッセ下関前を発着点に開かれる。大会前日の4日、ランナーや市民、関係者らが参加する「おもてなし前夜祭」が海峡メッセ下関で開かれ、約470人が交流した。

大会会長の前田晋太郎市長が「市長に就任して初めての海響マラソン。ランナーとしても大会を盛り上げたい。成長し続けてきたこのマラソンを今後も続けていくことに全力を尽くしたい」とあいさつ。ゲストランナーらはトークショーでマラソン談議に花を咲かせ、福岡県のチアリーディングクラブ「WILDCATS」がアトラクションを披露して参加者にエールを送った。

大会には47都道府県と海外11の国・地域から過去最多の1万2929人(男子9888人、女子3041人)がエントリー。フルマラソンでは1万813人(男子8851人、女子1962人)が海峡のまちを駆け抜ける。

スタート時間は、フルマラソンが午前8時半、2キロが同8時43分、5キロが同8時46分。表彰式は2キロ、5キロが午前9時50分〜同10時10分、フルマラソンが午後0時15分〜45分。

問い合わせは実行委事務局(電話083・231・2729)へ。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp