山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

エストラスト、福証上場へ 九州で知名度向上目指し
2017年11月8日(水)掲載
山口県内と九州で不動産の分譲・管理事業を手掛けるエストラスト(下関市)は7日、福岡証券取引所への株式上場が承認されたと発表した。上場予定日は21日。同社は2月に西部ガス(福岡市)の傘下に入っており、成長マーケットと見込む九州エリアでの知名度向上を図る。

同社は東京証券取引所にも上場しており重複上場となる。今後、福岡都市圏や九州主要都市で事業展開を強化する方針で、個人投資家らに積極的に情報発信する予定。今回の上場に伴う公募増資や新株発行はない。

同社経営企画室は「上場を通じ、山口県内で培ったブランド力を福岡都市圏や九州全域に浸透させていきたい」と話している。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp