山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

県推進のコミュニティー・スクール 知事、山口・湯田中を視察
2017年11月8日(水)掲載
生徒たちの様子を視察する村岡嗣政知事=7日、山口市
村岡嗣政知事は7日、山口市楠木町の湯田中学校を訪れ、県が全国に先駆けて進めているコミュニティー・スクール(CS)の取り組みを視察した。

同校は地域の乳幼児と母親を校内に招き、生徒と交流を図る「湯田中学校ひろば」を開くなど特色のある活動を行っている。

村岡知事は参加している母親や生徒に声を掛け、子育てふれあい体験学習の様子などを見て回った。「子供たちや母親、地域の人たちが素晴らしい表情をしているという印象を受けた。今後も取り組みを充実させていく」と意欲を示した。

県教育委員会は社会総掛かりで子どもたちの学びなどを支援しようと、CSの取り組みを積極的に進めている。昨年4月には県内全ての公立小中学校への設置を達成した。公立高校や特別支援学校などへの設置も始めた。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp