山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

阿武町議選、12人立つ 12日投開票
2017年11月8日(水)掲載
任期満了に伴う阿武町議選は7日告示され、定数8に対し現職5人と元職1人、新人6人の計12人が立候補した。投票は12日に行われ、即日開票される。立候補者の党派別は共産1人で、ほか11人は無所属。共産党の立候補者は初めて。

阿武町は旧萩市など周辺市町との合併をせず単独町政を選択。行財政改革を推進しながら、過疎高齢化に伴う福祉政策や若者の定住対策などに取り組んでいる。町議会も財政改革の一環として、2005年の改選で定数を14から8に削減。今回は12人が8議席を争う激戦となった。

投票は12日午前7時から午後7時まで町内9カ所で行われ、午後8時から町役場で開票される。

6日現在の選挙人名簿登録者数は3031人(男1321、女1710)。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp