山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

県が「結婚応援パスポート」11月22日から優待サービス
2017年11月9日(木)掲載
山口県は、新婚夫婦や結婚を控えているカップルの生活を支援しようと、協賛店で優待サービスを提供する「やまぐち結婚応援パスポート」制度を22日(いい夫婦の日)から始める。

同制度を利用することで結婚式場や不動産、引っ越し、旅行、家電、家具など新婚生活や結婚準備に関わりの深い県内約630店舗で、料金割引や記念品プレゼントといった優待サービスを受けられる。
 
県内在住または県内居住予定で、婚姻届を提出して1年以内の人か、1年以内に婚姻届を提出見込みの人が対象。優待サービスを受けるには、22日に運用開始の専用ホームページ(https://www.yamaguchi−kosodate.net/happy/)からスマートフォンでパスポート画像を取得し、協賛店で画面を見せることが必要。パスポートの有効期間は発行から最長2年。

県こども政策課は「より多くの方に利用いただき、結婚による経済的な負担が少しでも軽減されれば。協賛店もさらに拡大し、社会全体で結婚を応援する機運を高めていきたい」と話している。

必要に応じて紙製のパスポートの発行にも応じる。問い合わせは同課(電話083・933・2754)へ。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp