山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

サツマイモと大根採れたよ 柳井で園児らが収穫体験
2017年11月10日(金)掲載
収穫した大根を掲げる園児=9日、柳井市
柳井市内の保育園児ら86人が9日、同市伊保庄の畑でサツマイモと大根の収穫を体験した。柳井西ロータリー地域共同体(RCC、11人)の社会奉仕活動で9回目。

柳井南保育所、ルンビニ第二保育園、放光保育園、児童デイサービス「3びきのこぶた」の子どもたちが参加。同ロータリー会員、斉藤修一さんの約400平方メートルの畑で、苗植えや種まき、草取りなどを行ったRCC会員に教わりながら大根やサツマイモを力いっぱい引き抜いた。収穫した作物は給食や各家庭で味わう。

同RCCの荒金一男さん(77)は「水不足や日照不足で育てるのが大変だったが、子どもの笑顔を見て苦労が全て吹き飛んだ」と話した。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp