山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

< 28 >
ギターアンプ
 世界に一つしかないものが田布施にあります。ギターアンプを陳列した「マーシャル・ミュージアム・ジャパン」。ギターの音を多くの人に聞かせるためには拡声装置が必要です。それがアンプです。アンプの音が陶酔感を演出します。ギタリストの7割が使っているのがイギリス生まれの「マーシャル」という真空管を使ったアンプです。奥行きのある豊かな音を出します。ギタリストの竹谷和彦さん(57歳)は高校生の時、このアンプの音に衝撃を受け、マーシャルアンプの収集家になりました。歴代の有名プレーヤーが使用したアンプをたくさん所有し、この博物館で音を聞くことが出来ます。技術者やプレーヤーがその音を聞きに訪れます。
戻る
山口新聞ホームへ
本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)2008 Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp