山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

東流西流
山口県内でまざまな分野で活躍している読者ら14人が、2カ月間交代でコラムを執筆。3、4月の顔ぶれは漫画家、観光協会長、大学名誉教授、情報ネット代表、バイオリン奏者など多彩です。

2017年3月26日(日)掲載
「心の栄養を与える」
原田 栄造(防府市、作業服販売会社社長)
 相手との関わりにおいて、心の栄養を与える(ストローク)と、より関係性が良くなり、コミュニケーション、コーチング(指導)がより上手(うま)くいくので紹介します。
 基本的には全てにおいて肯定的に「褒める」こと。まず肉体的ストロークでは「頭をなでる」「抱擁する」「握手する」などがあります。次の心理的ストロークは「拍手する」「褒める」「励ます」「ねぎらう」「感謝する」「礼を言う」「目を見て話す」など。直接伝えるのが難しいなら、電話やメール、手紙でも効果的かと思います。
 次に条件付けストローク。相手のどの部分が好きかを伝えることで「あなたの○○が好きだよ。あなたの良い所は○○だよ」。そんなことを言われると、一気に関係性が深まると思いませんか? そして無条件ストロークでは「どんな時も私はあなたを愛してます」と伝えることですが、具体的には「あなたは私の最愛の妻だよ、最愛の娘だよ、最愛の社員だよ」。なかなか口にするのは恥ずかしい言葉ですが、存在そのものを受け入れ愛してあげることが何よりも心に栄養を与えるものだと自分自身に置き換えてもそう感じます。
 ある社員が「原田社長、愛してます! 大好きです!」と言ってくれてから、彼との距離感がぐっと縮まりました。
プロフィール:防府市出身で、徳山高、日本大卒。東京のアパレルメーカーに勤め、28歳で帰郷。家業を継いで32歳から現職。同市。43歳。
「続・音の特性」
淺井 雅紹(下関市、会社役員)
 今週は、前回できなかった海外メーカーのスピーカーをご紹介いたします。
 個性的な海外メーカーと紹介しましたが、ジャズならアメリカ、クラシックなら欧州というように発祥地の文化を色濃く反映しています。
 JBL(アメリカ)は、弾むように元気なアメリカサウンドをイメージさせるメーカーです。日本のジャズファンに対して絶大なる存在感を誇ります。
 逆にDALI(デンマーク)は艶のある音色が特徴で、弦楽器の音色が特に美しく感じられます。
 B&W(イギリス)では音色はドライで硬質、低音の押し出しも十分で、音が出て一瞬で感じられる華やかさを持っており、きらめくような高音が広がって降り注ぎます。
 ELAC(ドイツ)は透明感の高い音、澄んで伸びのいい高域が長所で、近代的な美しい工業デザインも見どころです。
 最後にMONITOR AUDIO(イギリス)。こちらはテレビなどAV用途にも人気が高いメーカーで、基本的に色付けを排した音質でやや硬質ですが、バランスとしては非常にフラットな製品が多いです。
 以上、独断と偏見でご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
 もっとたくさんご紹介したいところですが、やはり自分の耳で聞いて、体で感じて満足できるスピーカーが一番だと思います。
 最良の一品を見つけることができたら良いですね。
プロフィール:あさい・まさつぐ。下関市出身。北海道情報大学卒。メセナネットワーク取締役。下関商工会議所青年部広報委員会委員。下関市一の宮町。38歳。
戻る
山口新聞ホームへ

過去掲載分
 2017年
 3、4月分
 1、2月分
 2016年
 11、12月分
 9、10月分
 7、8月分
 5、6月分
 3、4月分
 1、2月分
 2015年
 11、12月分
 9、10月分
 7、8月分
 5、6月分
 3、4月分
 1、2月分
 2014年
 11、1月分
 9、10月分
 7、8月分
 5、6月分
 3、4月分
 1、2月分

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C) Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp